エコロジカルスポーツのモルック普及

こんにちは♪天領の日田から木を通じて大分と福岡に『子ども達のために五感に響く自然素材で真の健康住宅とエコ住宅を目指して』注文住宅の一戸建てから家具や小物まで発信してる(株)天領木の木輪こと荒川です。

今日は不思議な出会いがありまして、内閣府認証NPO法人エコロジカル・アクティビティ協会の代表理事の前田淳さんと中島静香さんにお会い致しました。

エコロジカル・アクティビティ協会さんは地域で、木で出来てるクッブ(Kubb)と言うスエーデン生まれのスポーツや、モルック(Molkky)と言うフィンランド生まれのエコロジカルスポーツを、競争を目的としないで、自然の中などでのんびり楽しむスポーツを普及する協会で、(株)天領木のコンセプトである自然&エコ&健康などと共通点が多く、微力ながらモルックの普及の為に、制作ご協力させて頂ければと思っています。



更に、出来れば(株)天領木だけではなく、林業の町である日田市などで町興しの一環として、クッブやモルック大会を導入したりPRしたりすれば良いと思います。



【モルック紹介】
モルック(Molkky)は、フィンランド生まれのエコロジカルスポーツです。クッブと似たスポーツですが、個人戦でもチーム戦でも楽しむことができます。
番号の書かれている12本のモルック(円柱)を並べて、投げモルック(丸棒)を順番に投げてポイントを争うゲームです。
最初にきっちり50ポイントを獲得したプレイヤーやチームの勝ちです。最初はモルックが寄せ集まっているので倒しやすいのですが、だんだんモルックが離れていくため、目的の番号のモルックを倒すには戦略が必要になる楽しいゲームです。下手投げでしか投げモルックは投げれないので、体力差は関係なく、誰もが楽しめるスポーツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です