平安神宮

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
この平安神宮は、平安遷都1100年を記念して明治28年(1895年)に建てられたものですから、意外と新しく綺麗な建物でした。それでも1世紀は経過してるのに朱塗りの鮮やかさは健在でした。

平安神宮

平安神宮の境内の奥には広い庭(神苑)があり明治以降を代表する庭師である「植治」こと小川治兵衛の作らしく、広大な池を中心とする、池泉回遊式庭園との事です。
30円払って鯉に餌をやりながら、ゆったりと時間を過ごさせて頂きました。

京都大原三千院

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
『♪京都~ぉ♪大原~ぁ♪三千院~ん♪』
の歌で有名な三千院。
大原の里は、京の奥座敷と言われ、鞍馬寺の門前町として栄えた所で、
昔ながらの町並が今も残り、京都でも風情たっぷりの名所でした。

三千院_外観

境内には静寂な庭園、杉や桧の古木、絨毯を敷き詰めた様な苔、
紫陽花と自然につつまれ本堂の往生極楽院がひっそりとたたずんでました。

三千院_苔

田舎育ちの私も、ここまで身も心も癒されるかと言う位、
マイナスイオンや酸素を感じた事はありません。
すっかり魅了され、五感を安らげられました。

元離宮二条城

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
二条城と言えば皆さんご存知の通り二の丸御殿で、
武家風書院造りの建物面積3,300†(約1000坪)、
部屋数33、畳は800畳あまりも敷かれている巨大な平城です。

二条城_外観

まず広い広い城内に入ると、ガムシロップみたいな甘酸っぱい匂いが立ち込めてて、総桧の建物が時代の経過と歴史の空気を吸い込み深い香りを放ってました。
それに豪華に装飾された車寄・遠侍・式台・大政奉還が発表された大広間・蘇鉄の間・黒書院・白書院が連なって金箔をはった画面に鮮やかに描かれた壁画・欄間彫刻・襖絵・水墨山水画で装飾され、現代では決して同じ物が作れませんが、日本建築の構造や美意識や機能・素材は絶やせないと再認識しました。

二条城_床構造

後、有名なのが二条城の廊下は、うぐいす張りになってて、この板を踏むと、キュッキュッという音が鳴って敵が入って来ても、この音が鳴り入って来たことが判る様になってるそうです。
構造からしても単なる人工的な床鳴りとも思いますが…。(笑)
まぁ自然素材の場合は木材が湿度により収縮するから仕方ない部分もあり、それも自然と寛大に受け取ろうと改めて思いました。

約400年以上を経過した二条城も凄いですが我々、住宅業界も変革の時が来ました。
私たちの未来のために、住まいに関する新たな考え方が必要になってきました。
そのひとつが、住まいの長寿命化です。

暑い京都を満喫

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
とにかく歩いた歩いた…。
自由時間に祇園祭に行こうとなって、旅行案内所で聞くと残り時間が無く、
とにかく京都駅から地下鉄で烏丸御池で降り、
祇園山鉾を最後まで充分堪能しました。
終わったら鴨川が見たくなって、地図を見ると近いから歩いて
京都市役所前を通り鴨川に出て夏の風物詩の床を見ました。

それから三条大橋・四条大橋・五条大橋を見て、牛若丸と弁慶の石像を横目に五条通りをひたすら歩き、堀川通りを南に歩き西本願寺前の旅館まで炎天下の中、猛暑の京都の町を延々と2時間歩きつづけ満喫しました。(笑)
普段の運動不足も一気に解消だ。(笑)

京都社員旅行

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
7月16日~18日と2拍3日で京都へ社員旅行に行って来ました。
梅雨明けしたばかりの京都では祇園祭りの真っ最中で
ハイライトである17日に行われた32基の山鉾巡行は
日本三大祭と言われるだけあって活気があり壮観でしたよ。

祇園祭

しかし暑かった。日田で生まれ育った私も少々バテました。(笑)

二条城

京都は中学生の頃、修学旅行で行った事はありましたが、歳を重ね神社仏閣を見る趣も変わり、建築業界に入り構造とか素材とかの見る目も変わって本テーマの健康・自然の意味を真剣に考えさせられました。
話せば長くなりそうですから後日・二条城・大原三千院・平安神宮・南禅寺・清水寺・東寺の事などについて話題には事欠きませんので日替わりでご案内したいと思います。(笑)
京都祇園祭

京都祇園01
京都祇園02
京都祇園03
京都祇園04

上宮永分譲地完成

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
やっと上宮永の分譲地が完成しました。
造成は早くから出来てましたが道路位置指定がようやく許可になり今になりました。
分譲地としては貴重な豊田小学校と豊陽中学校の学校区で
恵まれた立地条件となってます。
国道212号線から見える様に看板を立て道路からもイラストが見えますが

上宮永分譲地

今回、特に変わってるのが「お社」が共有部分にあって「凛とした」雰囲気
があり、そこは街全体がまるで癒しの庭みたいな感じですよ。
そんな「情緒」と「調和」のある街並みや佇まいで子供や大人までも人情
溢れる暮らしを過ごしてる姿が目に浮かびます。

上宮永分譲地_鳥居

地図も添付しておきますので近くを通る時は見て下さいね。

詳しい地図で見る

蒸し暑い最中でご苦労様です。

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
今日はとても蒸し暑いですね。
そんな最中に棟上が終わったばかりのヴェルデガーデン沖代南の
現場に行くと入道雲が出てて何と蝉まで鳴いている。(驚)

ヴェルデガーデン沖代01

大工さん達は大汗で作業を進めてましたので『熱中症や脱水症状には
気を付けて下さい。』と声をかけるのが精一杯でした。
帰りは蒸し暑い最中の炎天下で頑張ってる人達がいる事と
健康とエコロジーを考えエアコンを切り車を走らせました。

ヴェルデガーデン沖代02

漆喰の壁に杉の床に和紙の天井で快適

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。
雨が降ったり止んだり蒸し暑い日々が続いてますが、
皆さんお元気でしょうか?
実は、こんな蒸し暑い日でも、弊社の中は漆喰の壁に杉の床に
和紙の天井で意外とサラサラな感じで過ごさせて頂いてます。
(機会があれば遊びに来て下さい。)

さて、今日で平成20年も半年が過ぎ、あっと言う間に
今年もワープして行くのでしょう。(笑)
しかし今年は色々な出来事があり、
春の健康診断では不整脈が出たり、
最近では尿管結石に
なったりして地獄の苦しみを味わい、
つくづく健康が第一と再認識をさせられました。(泣)

住まいは大切な『巣』

はじめまして、(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ
担当の荒川と申します。

住まいは人生の大半を過ごす大切な巣です。
ですから住宅業界では様々な自然素材や健康住宅が増えて来てます。
しかしながら「おや?」とか「う~ん?」とか感じる自然や
健康を目にする事があります。
何と言っても一生に一度の高い買い物はとことん見極めて
後悔しないようにしたいものです。
そこで住宅業界の日々の出来事や家づくりの事例をお伝えして、
少しでも皆さんの家づくりの参考にしていただければ幸いです。
テーマはハードですが、ソフトにお届けしたいと思っています。(笑)