別府 悠久の丘 欧風邸宅完成

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ担当の荒川です。
ずいぶんご無沙汰していましたが、何とか生きています。(;^ω^A
まぁ人生観を根底から変える様な出来事がありましたが、負けじと踏ん張っていますよ。└(`・ω・´)┘
今日は2月14日のバレンタインデー以来、別府『悠久の丘』欧風邸宅の進行具合を記録して行くと言いながら、書けていないまま邸宅が完成致しましたので、遅くなりましたが御報告します。
家は三度建てると思い通りの家が建つと言いますが、O様はその三度目の家ですから、慎重で且つ大胆に選んだのは弊社の『セルコホーム』の2×6で強靭&気密&断熱の良さと『インターデコハウス』のヨーロッパデザインをミックスした『エイトの家』でした。
完成したら本当にエーゲ海に来た様な雰囲気で、室内もお洒落で落ち着きのある佇まいに仕上がりました。
しかも全館空調換気システムで空気を管理して、ハイスタットの天井に吹抜けや勾配天井でドアが無い空間なのに快適に過ごせている様です。
様々に表情を変える海を眺め、断熱樹脂の全開放サッシを開け、爽やかな風を受けてのティータイムや、掛け流しの別府温泉に浸かりながら、スローライフを送るO様に御満足頂けて本当に良かったです。

夕暮れの外観:道路側からは平屋に見えますが2階が玄関と駐車場になってます。

海側からの外観:傾斜のある敷地下からの外観です。全ての部屋からと浴室から海を眺められます。

勾配天井とドッグスペースのあるリビング:ロートアイアン製の手摺・テーブル・照明が落ち着きます。

リビングから望めるオーシャンビュー:まるでエーゲ海かと錯覚します。

ダイニングキッチン:白の家具やアイランドキッチンで統一された清潔感あふれる空間。

1階の和室:と言っても洋室に白い琉球畳を敷きこみ仏間にしてますが御先祖様も眺めが良い事でしょう。

1階の寝室:ハイスタット2700㎜ある天井高さの掘り込み天井と照明がジャストマッチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です