Archive 2月 | 天領木-木輪 [KIRIN]

Archive for 2月, 2013

こんにちは♪天領の日田から木を通じて大分と福岡に『子ども達のために五感に響く自然素材で真の健康住宅とエコ住宅を目指して』注文住宅の一戸建てから家具小物まで発信してる(株)天領木の木輪こと荒川です。

株式会社 天領木からのお知らせです。
久留米市太郎(だいろ)原(ばる)に『杉と漆喰と和紙の自然素材で造られた絆と健康とエコがテーマの二世帯住宅』が完成しました。
家族の安心・安全・エコ・省エネ・家計コスト・健康・医療コスト・老後などをしっかりと考え、健康素材をふんだんに使用し、家族の絆を尊重する間取りなど、飽きの来ないモダン住宅に仕上りました。
【構造美】の杉香りが家族を優しくお出迎えし、森林浴みたいに清々しい空気に癒されます。
【杉うづくりの床】は裸足で歩けば、真夏は涼しく真冬でも人肌で温かく、足ツボ効果で疲れが軽くなります。
そして【漆喰壁】が家庭から出る嫌な臭いや有害物質を吸着分解し、天然の空気清浄機として澄んだ空気と、調湿作用もあって、空気がサラサラになり、冬場は適度な湿度を保ち、お肌に潤いを与え、風邪もひきにくくなり、安眠と目覚めを健やかにします。
 又、素材だけでは無く、広い勾配天井のリビングや、動きやすい家事動線や、入れやすく出しやすいタップリ収納など、気密断熱を高め、エネルギーコストの高騰を見据え太陽光発電のパネルを設置出来る屋根形状など、様々なエコ機能などなどと、口では御説明出来ませんので、是非、五感で体験してみて下さい。 
 びっくりするのは、何と赤ちゃんが泣いたり、ぐずらない家なのです。
 更に国土交通省『地域型住宅ブランド化事業』の地域材を活用した長期優良住宅で、最高額120万円の補助事業の構造をご確認下さい。
 そして消費増税の住宅駆け込み需要で、建築ラッシュの資材不足や人手不足のコスト増になる前にゆとりの建築計画をお勧め致します。
遠方ですが筑後川の河川敷には菜の花やツクシが芽生え出し、春の訪れを感じに是非とも皆様のお越しを心よりお待ち致しています。

こんにちは♪天領の日田から木を通じて大分と福岡に『子ども達のために五感に響く自然素材で真の健康住宅とエコ住宅を目指して』注文住宅の一戸建てから家具小物まで発信してる(株)天領木の木輪こと荒川です。
おおいたの住まい情報誌2013WISE(ワイズ)に掲載されました。
【家族の絆を第一に考えた明るく風通しの良い間取り】
 片流れの屋根と大きな軒のあるアプローチが特徴的な石松邸。玄関を入り、格子の引き戸を開けると伸びやかな空間が現れます。
 「家族が集まるスペースを中心に明るく風通しの良い家にしたかったんです」とご夫婦がおっしゃるように、吹き抜けのリビングと和室が広がりのある間取り。L型のこの空間からウッドデッキが連なり、デッキには第2リビングとして活用できるよう屋根とフルオープンのテラス窓が配されています。南面に設けた窓からは風と陽光が降り注ぎ、明るく風通しの良い住まいです。さらに2階のホールには、リビングに臨む書斎兼勉強スペースを配置。ご主人がパソコンを操る傍らで子どもたちが本を読んだり、勉強したり…。いつも家族5人が触れ合える住まいにな
っています。
 また共働きのご夫婦が効率よく生活できるよう「収納、家事、子育て」をテーマにした家づくりを追求。軒を大きく張り出したアプローチは車や自転車が置ける収納庫の役目を果たし、雨天時にもストレスがありません。さらに水回りのある1階を効率よく使うためウッドデッキを洗濯干し場に。またゴミ出しが容易にで
きるよう道路に直結した位置にキッチンを配置。家事動線を重視した間取りになっています。
【住むべき家を得た喜びに包まれた天領木との出会い】
 日田杉の浮づくりの床、漆喰壁、土佐和紙の天井を採用した石松邸は、天領木の技とセンスを遺憾なく発揮した住まいです。
 ご夫婦が天領木と出会ったのは、奥様のご友人のひと言がきっかけでした。他の住宅メーカーと仮契約しながら進まない家づくりの中、「良い家があるよ」と内覧会へ。ひと目で気に入った奥様は、翌日にはご主人と再び訪れたのでした。「多くの住宅を観ましたが、心から住むべき家に出会えた思いでした。子どもたちも„この家が良い„と。そのひと言が大きかったです」とご夫婦。子どもたちが床に寝転ぶ様子に、„理想の家„を思い描けたのだそうです。
 「子どもたちが風邪を引かなくなりました」と話す奥様の傍らで、無邪気に伸び伸びと過ごす3人の子どもたち。天領木の家は家族の絆を深め、子どもたちの健康と情操を大きく育み地球にも優しい家なのです。

こんにちは♪天領の日田から木を通じて大分と福岡に『子ども達のために五感に響く自然素材で真の健康住宅とエコ住宅を目指して』注文住宅の一戸建てから家具小物まで発信してる(株)天領木の木輪こと荒川です。
「日田市の発展を考える会」で昨夜の2月7日(木)は、参議院議員、舛添要一先生の『日本経済の行方』と題した講演会を開催致しました。
マリエールオークパインにて入場人員440名以上の来場があり、大変貴重で理解しやすい講演内容でした。
講演会後の懇親会では林業の話になり、今後の林業再生の足がかりともなる連絡先を教えて頂きました。
これからは遠慮なくどしどし連絡させて頂きます。

Back to top