Archive 12月 | 天領木-木輪 [KIRIN]

Archive for 12月, 2009

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ担当の荒川です。
中津市牛神にて、平屋で健康素材の家が完成しました。

F様邸

お客様の御好意で、雪がちらつく中、お引渡し前の12月19日(土曜日)と20日(日曜日)の2日間だけの【完成見学会】をDMとノースFMのインフォマーシャルだけで開催致しました。
多くの方々にご来場頂き、有り難う御座いました♪
(^ω^)ゝ


大分県中津市大字牛神字屋敷260

家族の健康と医療コストを考え、カイケンコーポレションの健康素材をふんだんに使用し、若いご夫婦ですが、老後の事もしっかり考え、スロープ付きの平屋で、飽きの来ないモダンな和風住宅に仕上がりました。

F様邸2

仕事が終って帰宅したら、『音響熟成木材』の香りが優しくお出迎えし、
森林浴みたいに清々しい空気に癒され、

『幻の漆喰』が家庭から出る嫌な臭いや、有害物質を吸着分解し、
天然の空気清浄機として澄んだ空気で、

今の季節は調湿作用もあって、適度な湿度を保ち、
お肌に潤いを与え、風邪もひきにくくなります。

『うづくりの床』を裸足で歩けば、真冬でも人肌で温かく、
足ツボ効果で疲れが軽くなり、

竹炭入り『清活畳』のマイナスイオン効果で、
安眠と目覚めを健やかにします。

又、素材だけでは無く、広い勾配天井のリビングや、

動きやすい家事動線や、

可変性のある子供部屋、入れやすく出しやすいタップリ収納などなど、気密断熱を高め、エネルギーコストの高騰を見据えた様々な機能、口では御説明出来ませんので、是非、御家族揃って五感で体験してみて下さい。赤ちゃんが泣いたり、ぐずらない家なのです。

積雪

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ担当の荒川です。
今朝、目が覚めてベランダを見ると、何と雪が5㎝ほど積もってるじゃん…
(Ⅲ゚ω゚)ガーン!!

ベランダ

天気予報では言ってたものの、思ってた以上でショック(>ω<:)

チェーン

今日は中津の牛神で、F様邸の完成見学会があるから、飛び起きてチェーンを巻き少しワクワクしながら日田を出発♪
チェーン巻きも慣れたなぁ)(´・ω・)y-~

大石峠

土曜日だから車も少なくエンカリも撒いてないからチェーンのグリップも良くてスイスイ♪
щ(・ω・`щ) カモォォン
でも一度雪が積もると大石峠は日陰だから、雪が溶けては凍り怖いんだよなぁ…

雪景色

トンネルを抜けると青空が広がり、白銀の世界♪まるでスキー場に来たみたい♪
ここでユーミンの曲が流れると最高なのに…なんて事を思いながら遅刻しそうなので、気は焦りながらも安全運転でGO!GO!

車乗り捨て

途中、坂道を登れなかったのか車を車道に乗り捨てたままの車に遭遇!
Σ(・ω・`ノ)ノ
JAFを呼ぶなりすれば良いのに、毎年こんな光景に遭遇しますが、凍結道路の片側通行になり非常に危険極まりない!!

雪

気持ちを入れ替えて、雪景色の素晴らしい所があったのでサービスショットでパチリ♪
なかなか見れない風景ですので良かったらどうぞ♪

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ担当の荒川です。

水郷柳川

先日の休日は見事な快晴だったから、ドライブがてら“水郷柳川”まで鰻を食べに行って来ました。

元祖本吉屋

元祖 本吉屋

噂通り三百有余年間、初代秘伝のタレと料理技術を忠実に継承しただけあって、茅葺屋根と、格子戸から漂う煙と香りは格別です。

唐揚げ(うなぎの骨)

注文してから待ってる間に、鰻の骨の唐揚げをポリポリ。カルシュウムとエキスたっぷり。

白焼酢の物

次に鰻の白焼きの酢の物。あっさりしてて旨い♪

きも吸

ついに来ました♪鰻の肝のお吸い物と特せいろ蒸し♪

キタ━━d(´・ω・`)b━━!!!

特せいろ蒸し

タレをまぶしたご飯の上に、焼き上げたばかりのうなぎの蒲焼をのせ、うなぎと味の合性がよい、しかも色添えにもなる金糸卵をあしらって、二度せいろで蒸してます。

ジャガー

帰りにパーキングに寄ってパチリ。
友達に借りたジャガーは速度が半分位しか感じない快適さ♪
『日本民藝館賞』受賞の友達

夕焼け

しかし鰻は旨かったし、車は快適だし、天気も最高で、見事な夕焼けで感動♪
とっても癒されたし、また仕事を頑張ろう♪q(*^ω^*)p

こんにちは(株)栄都の『自然と健康と住まいを考える』ブログ担当の荒川です。
月日が経つのは早いもので、今日からいよいよ師走ですね。
そんな大忙しの時に、先日は大分県北部地区森林・林業活性化協議会の主催で『地域材活用の木造住宅現地見学会』《森の木が木造住宅に生まれ変わるまで》に行って来ました。

中津総合庁舎に集合し、先ずは紅葉の綺麗な山国町白地で、森林の伐採現地に行って来ました。
しかし、まさか山登りが待ってるとは思ってもみませんでした。Σ(・ω・`ノ)ノ
小雨が降った後の急な斜面を、スーツ姿と革靴で滑りながら登ると、そこは見事な杉林でした。

現地では北部振興局・農山漁村振興部・森林・林業第二班の後藤さんより、詳しい山国川流域の森林資源の説明があり、木の生態や、木の特性、木材の活用によって、地域活性をしなければならないと改めて思い、先日見に行った映画の“火天の城”を思い出して、地域でも珍しい樹齢120年の杉の前で記念撮影をしました。

“火天の城”に感化され大阪城へ…

宮大工・岡部又右衛門(西田敏行)が織田信長(椎名桔平)の安土城・七重の天主を支える親柱の二尺五寸(約75cm)角の檜、樹齢にして2000年以上となる檜の探索で、信長の敵方・武田領である木曾義昌(笹野高史)の元へ命賭けで参上し、杣頭(そまがしら)の甚兵衛(緒形直人)が適当に示す檜では満足せず、ついに親柱に見合った檜を見つけたが、伊勢神宮の式年遷宮のために用意されていたお備木だった。「大雨が降るまで待て。お主の夢にオラも賭けてみる」甚兵衛もまた命を賭して又右衛門と固い約束を交わすのでした。

それから耶馬溪町大野の木材加工現場に行って来ました。
そこでは杉や檜の良い香りが漂ってます。
実は、私は日田林工の建築科を卒業してまして、木が人の五感に訴える素晴らしさを改めて再認識しました。

最後に中津市大塚の木造住宅建築現場に行って来ました。
そこでは中津の木で家を建てると、補助金制度を1棟につき上限70万円まで利用出来ます。(-ω☆)キラーン
中津市産材利用住宅促進緊急対策事業の補助金制度

私ども栄都は、『このマチと生きる、このマチを育む。』という地域社会の住文化に貢献する企業理念のもと、様々な補助金制度をご紹介し、皆様のお役に立つ様に「住」にかかわる多彩な提案を企業使命として、スタッフ全員理念の追求へ一丸となって邁進しております。

Back to top